不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

妊娠しやすい時期とは:妊娠の基礎知識

正常な月経周期の女性の場合、1か月のうち妊娠の可能性が高い日は6日あります。
射精された精子は女性の体内では長くても5日、平均すると3日ぐらいは生きています。
しかし、射精された精子全部が受精する能力があるというわけではなく、約99%は膣内で死んでしまいます。
精子は膣内の酸に弱いのですが、排卵前に多量に分泌される頚管粘液の中は蓄えられ、そこから持続的に卵管に向かって送りだされるといわれています。
卵子の寿命が約1日ですから排卵後、卵子は24時間以内に受精しなければ死滅してしまいます。
精子と卵子の関係から必ずしも排卵日の夫婦生活のみが妊娠のチャンスではなく、排卵の4~5日前、とくに排卵3日前からが妊娠の可能性が高い時期だといえます。

妊娠しやすい日とは

妊娠しやすい日を割り出すにはまず月経周期を知る必要があります。
月経周期は個人差がありますが、排卵してから次の月経開始日の前日まではほぼ14日と決まっています。
基礎体温でいうと、排卵後の高温相は14日と決まっており、月経周期の違いは低温相の長さの違いです。
例えば、月経周期が28日の方の場合、月経開始日の前14日あたりで排卵が起こっており、月経周期が32日の方の場合も同じように月経開始日の前14日あたりで排卵が起こっています。
できたら基礎体温をつけてきちんとあなた自身の月経周期を知ることことが良いのですが、むずかしい場合はカレンダーやスケジュールに月経周期を3ヵ月程度きちんと記録してみましょう。

妊娠しやすい日の算出法

多くの方が数日の月経周期の違いがあります。月経周期を記録に残して最も短い月経周期と最も長い月経周期から平均を出すと次の月経開始日、すなわち月経予定日が割り出せます。
排卵の3日前から妊娠の可能性が高くなりますので、次回の予定月経開始日から14日前が推定排卵日となりますので、その排卵日の3日前が算出することができます。
月経周期が32~28日の場合、次回の月経周期では11日から18日の間に夫婦生活をおこなえば、その間に排卵起こる可能性があり、精子が卵子を待っているという状況となります。
ただし、女性の心と体、ホルモンバランスはデリケートで、生活環境の変化、ストレスなどにより簡単に月経周期が乱れてしまいますし、精子の活動性も差がありますし、うまく受精してもなんらかに原因で着床ができないこともあります。
ある意味、あなた自身が今、ここに存在するのは何億分の1の奇跡で、さらに愛する相手と出会えたということはすごいことですよね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク