不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

受精卵の卵割・輸送:妊娠の基礎知識

受精卵は細胞分裂を繰り返しながら細胞数を増やしつつ移動していきます。

受精卵の卵割

受精卵の初期の細胞分裂を卵割といい、個々の細胞を割球といいます。
卵割では受精卵の大きさは一定で細胞数だけが増加します。
受精卵は細胞分裂を繰り返しながら細胞数を増やしつつ移動していきます。
受精卵は経時的に卵割します。
●受精後…受精が完了すると卵割が始まります。
●受精後約30時間…2細胞期といい、割球は2個となります。
●受精後約40時間…4細胞期といい、割球は4個となり、境界はまだ明瞭です。
●受精後約60時間…8細胞期といい、割球は8個となり、割球同士が密集し、境界はやや不明瞭となります。
●受精後3~4日…桑実胚といい、割球が8~16個の状態で桑の実のような外観となり、割球の境界が不明瞭となり、それぞれが融合したように見えます。
●受精後4~6日…胚盤胞といい、内部に液体貯留がみられ、胞胚腔が形成されます。内細胞塊と外細胞塊に分かれます。

受精卵の輸送

卵管膨大部で受精した受精卵は、分裂を繰り返しながら卵管内を通過し、子宮腔に到達し着床します。
受精卵は卵管上皮の線毛運動や卵管壁の蠕動運動によって輸送されます。
卵管膨大部で受精した卵は卵管を通過し、子宮腔に達するまで3〜4日かかりますが、そのほとんどを膨大部で過ごし、峡部は数時間で通過するとみられています。
卵管壁は、内膜(粘膜)、筋層、外膜の3層からなり、子宮内膜は単層円柱上皮からなります。子宮壁には線毛細胞と粘液分泌細胞からなります。
卵管腔は線毛をもち、これによって卵子を卵巣から子宮へ輸送し、3層の筋層も収縮によって蠕動運動を行い、卵子の輸送を助けています。
受精卵は桑実胚の状態で子宮腔に到達し、胚盤胞の状態で子宮内膜の接着します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク