不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

妊娠とは:妊娠の基礎知識

妊娠とは、受精卵の着床から胎児および胎児付属物(胎盤、臍帯、羊水など)が母体外に出される(分娩)までをいいます。

妊娠の成立のながれ

妊娠ながれは、精子と卵巣から排卵された卵子は、卵管内で受精して受精卵となり、受精卵は分裂を繰り返しながら卵管を輸送され、子宮内膜に着床し、胎児および胎児付属物へと発育していきます。

女性サイドのながれ

①排卵…成熟した卵子が腹腔内に排出される。
②受精…卵管膨大部で卵子と精子が出会い受精する。
③卵の輸送…受精卵は分裂しながら子宮腔内へ輸送される。
④着床…受精卵は子宮内膜に着床、埋没する。
⑤妊娠の維持…ホルモンの変動による月経の停止や胎児を異物だと認識しない免疫機構はたらきがおこり妊娠が継続される。

男性サイドのながれ

①造精…精巣で精原細胞から精子がつくられる。
②精子の輸送…精子は精巣輸送管を通って精巣上体へ送られる。
③精子の貯蔵…精子は精管や精管膨大部に貯蔵される。
④射精…精子は精嚢、前立腺などの分泌物とともに射精のよって尿道から放出される。