不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

ビタミンB12(シアノコバラミン)とは:卵巣・卵子の老化を防ぐ食生活

ビタミンB12(シアノコバラミン)は、コバルトを含む水溶性ビタミンで、コバルトを含むため「コバラミン」とも呼ばれたり、コパラミンは赤い色をしているためビタミンB12は「赤いビタミン」ともいわれます。

ビタミンB12の吸収

ビタミンB12はたんぱく質と結合しており、経口摂取されて胃に入ると胃酸がビタミンB12をタンパク質から切り離し、その後、胃の中で産生された内因子と呼ばれるタンパク質とビタミンB12が結合し、体内に吸収されます。

ビタミンB12のはたらき

ビタミンB12は、タンパク質の代謝をたすけるほか、糖質や脂質からエネルギーを生み出す作用ともかかわっています。しかし、とくに重要とされるはたらきが、血液中の成分である赤血球や腸管の細胞をつくるためのはたらきです。そのほか神経および血液細胞を健康に保ち、全細胞の遺伝物質であるDNAの生成を助け、疲労や体力低下を引き起こす貧血の一種である巨赤芽球性貧血の予防にも役立ちます。

貧血の予防

ビタミンB12は、正常な赤血球を作りだす働きがあり、貧血になるのを予防しています。

核酸の合成

ビタミンB12は葉酸と協力しあい、遺伝子を構成する核酸の合成をたすけるはたらきがあり、脊髄での赤血球の形成や再生に不可欠です。

睡眠のリズムを整える

ビタミンB12は、メラトニンの分泌を調整する働きがあり、睡眠のリズムをうまく調整しています。

神経機能の維持

ビタミンB12は、神経細胞内をおおう脂質膜を生成したり、脳や中枢神経にはたらきかけ機能を正常に保つ効果があります。

たんぱく質・脂質・炭水化物の代謝を助ける

ビタミンB12は、タンパク質の代謝と助けるほか、糖質や脂質からエネルギーを生み出す作用にもかかわっています。

ホモシステイン濃度を下げる

アミノ酸の一種であるホモシステインの血中濃度が上昇すると動脈硬化や心筋梗塞を招くといわれています。アミノ酸代謝を円滑に行うビタミンB12は、生活習慣病の予防効果が期待されています。ビタミンB12は葉酸やホモシステインからメチオニンへの合成に関与する酵素であるメチオニンシンターゼの働きを助ける補酵素と して働きます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク