不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

ビタミンB1 (チアミン) とは:卵巣・卵子の老化を防ぐ食生活

ビタミンB1 (thiamin:チアミン) とは、水溶性ビタミンでビタミンB群の一種す。
人の体内では生合成されないため、食事からの摂取を心がける必要があります
ビタミンB1は、1910年に日本人の鈴木梅太郎博士が米ぬかから発見し、生命(ビータ)に必要な塩基(アミン)の一種という意味でビタミンと名づけられ、これが世界で最初のビタミンの発見です。

ビタミンB1の吸収

ビタミンB1は、チアミンといい、天然にはチアミン1リン酸 (TMP)、チアミン2リン酸 (TPPまたはTDP)、チアミン3リン酸 (TTP)の3種類のリン酸エステルが存在します。これら3種類のビタミンB1リン酸エステル体は、摂取するとビタミンB1となって吸収され、生体内で再 びリン酸化され、肝臓や筋肉に貯えられますが体内蓄積量はそれほど多くありません。
経口摂取したビタミンB1は、小腸から吸収されます。
摂取しされたビタミンB1低濃度の時は能動輸送によって、高濃度の時は受動拡散によって吸収されます。吸収されたビタミンBは補酵素として利用され、その後は尿中や糞中に排泄されます。

ビタミンB1のはたらき

ビタミンB1は、糖質(炭水化物)のエネルギー産生に重要なはたらきがあり、糖質を栄養源としている脳神経系の正常な働きにも関係しています。

糖質(炭水化物)の代謝を助けてエネルギーを作る

ビタミンB1は、糖質(炭水化物)がエネルギーに変わる時に重要な働きをし、不足するとエネルギー不足で倦怠感を感じます。また糖質(炭水化物)は脳の主要なエネルギー源なので、脳にもエネル ギー不足となり、さまざまな精神的な症状が出現することがあります。

脳神経系統の調節をする

ビタミンB1は、神経伝達物質の合成に必要な栄養素で脳・中枢神経・手足の末梢神経の働きを正常に保つ手助けをしています。
脳の中枢神経の働きは、糖質をエネルギー源としており、糖質をエネルギーに変換するときにビタミンB1が必要です。

乳酸の代謝を助ける

激しい運動をするとエネルギーが産生され、そのときに疲労物質である乳酸が作られ体内に蓄積され、乳酸は疲労や筋肉痛の原因となります。
ビタミンB1は、疲労物質である乳酸の代謝を促進し、乳酸が体内に蓄積するのを防ぎます。

消化液の分泌を促進する

ビタミンB1は、消化液の分泌や腸の蠕動運動を正常に機能させるはたらきがあります。

皮膚や粘膜の健康を維持する

ビタミンB1は、皮膚や粘膜の健康維持を助けるはたらきがあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク