不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

ビタミンKとは:卵巣・卵子の老化を防ぐ食生活

ビタミンKはニワトリの出血予防因子として発見さたビタミンです。
天然に存在するビタミンKには、主に植物の葉緑体で産生されるビタミンK1(フィロキノン)と細菌によって産生されるビタミンK2(メナキノン)があります。
ビタミンK1は主に植物の葉緑体でつくられ緑黄色野菜(緑色の濃い葉野菜に多く含まれる)や海藻類などに多く含まれており、ビタミンK2は微生物によって作られ納豆などの発酵食品に多く含まれています。

ビタミンKの消化吸収

食事から摂取したビタミンKは、小腸で吸収され、腸管リンパ管を通って肝臓に運ばれます。肝臓に運ばれた後、リポタンパク質によって末梢組織に運搬されます。

ビタミンKのはたらき(生理作用)

ビタミンKのはたらきは、血液凝固因子の活性化、骨形成の調節、動脈の石灰化抑制などがあります。

血液凝固因子の活性化

血液凝固因子とは、血液を凝固する(止血する))のに必要な因子のことで凝固因子の中には、ビタミンKがないと活性を持つことができない凝固因子があり、これをビタミンK依存性凝固因子といいます。
ビタミンKが欠乏すると血液凝固因子も少なくなってしまうため、ビタミンKは正常な血液凝固に必須な栄養素です。

骨形成の調節

ビタミンKは、骨形成マーカーの1つであるオステオカルシンを 活性化され骨代謝を調節しています。さらに、直接骨組織に対して骨形成を促進し、破骨細胞への分化過程を抑制して破骨細胞の供給を減少させ、骨吸収を抑制し骨形成の調節をおこなっています。
このような作用から骨粗鬆症の治療にビタミンK2の高単位製剤が用いられます
また、ビタミンK2は、骨のコラーゲン生産を促進し、骨質を改善し、骨をじょうぶにするという特徴があります。

動脈の石灰化抑制

骨や血管にはMGP(マトリックスGlaタンパク)といわれるカルシウムの石灰化を抑える物質が存在しています。
MGPはビタミンKによってその働きがコントロールされており、ビタミンKがMGPによる石灰化を抑える働きがあるとされており、動脈硬化の原因の1つとされる動脈血管の壁の石灰化を防いでくれる可能性が高いたんぱく質と注目されています。

ビタミンk摂取基準

ビタミンKは1日の摂取目安量が成人男性で75μg/日、成人女性で60~65μg/日となっており、妊婦(付加量)と授乳婦(付加量)はありません。
ビタミンKはの許容上限摂取量は30,000μgです。
国民健康・栄養調査(平成21年度)でも日本人のビタミンK摂取量が男性で平均237μg/日、女性も229μg/日と、摂取目安量に対して十分な量を摂っていることが報告されています。

ビタミンKを多く含む食品

天然には緑黄色野菜に含まれるビタミンK1と動物性食品に含まれるビタミンK2がある。ビタミンK2はまた、納豆菌によっても生成される。生体内では、腸内細菌によってビタミンK2が合成される。
ビタミンKを多く含む食品には、、鶏もも、納豆、ほうれん草、ブロッコリー、明日葉、かぶ、モロヘイヤ、わかめ生、オリーブ油、大豆油などがあります。

ビタミンKの効果的な摂取方法

ビタミンKは脂溶性のビタミンですから他の脂溶性ビタミンと同様に油と一緒に摂ることで吸収量がアップします。
さらに、ビタミンK2とビタミンD3を一緒に摂ることで骨密度を増やすといわれます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク