不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

ビタミンEとは:卵巣・卵子の老化を防ぐ食生活

ビタミンEは、抗酸化作用と細胞膜を安定の2つの生理作用をもつ脂溶性ビタミンです。
ビタミンEは、ラットの不妊症の研究で発見されたビタミンで、別名「トコフェロー ル」といい、tocos(子どもを産む)、phero(力を与える)、ol(水酸基をもつ化合物の総称)という意味からきています。

ビタミンEの消化吸収

食物として摂取されたビタミンEは、そのままの状態で吸収されるのではなく、胆汁酸の働きによってミセル化された後に小腸から吸収され肝臓に運ばれます。
肝臓で代謝されたビタミンEは、超低密度たんぱく質の一部となり、生体膜や脂肪など身体の末梢組織へと送られます。ビタミンEは、細胞膜の中に存在し、肝臓、脂肪組織など多くの組織で蓄えられます。

ビタミンEのはたらき(生理作用)

ビタミンEは生理作用は大きく分けると抗酸化作用と細胞膜を安定の2つがあります。

抗酸化作用

ヒトの体は細胞の集まりで、細胞は不飽和脂肪酸を多く含むリン脂質で構成された細胞膜で保護されています。この不飽和脂肪酸が酸素と結びつき酸化されると過酸化脂質ができます。
不飽和脂肪酸は活性酸素により連鎖反応がおき過酸化脂質を次々にが発生させます。
その結果、細胞が傷つきさまざまな病気が起こります。
ビタミンEは細胞膜に存在し、ビタミンE自体が酸化されることによって、不飽和脂肪酸の酸化の連鎖を食い止め、細胞の老化を防ぐ強い抗酸化作用を示します。
抗酸化ビタミンは、ビタミンCやβ-カロテンなどがあり、それぞれ作用する場所が異なりますが、ビタミンEは広く細胞膜に存在し、細胞の老化を防止する効果があります。またビタミンEは、ビタミンCと共同で働くことでより優れた効果を発揮します。

細胞膜を安定させる

ビタミンE は、細胞膜の成分で、原形質膜の重要な構造的役割を果たしています。
ビタミンEは、抗酸化作用を介して、細胞膜に結びついて構造的に安定させる働きがあります。ビタミンEが不足すると、酸化のせいだけでなく、構造のうえからも赤血球の膜が壊れやすくなり、貧血の原因になることからもわかります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク