不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

ビタミンとは:卵巣・卵子の老化を防ぐ食生活

ビタミンとは、糖質、タンパク質、脂質、無機質(ミネラル)など人間の身体と精神に必要不可欠な5大栄養素の1つで、生命維持のために重要なはたらきをしているが、体内では合成されないか、合成されても必要量に満たないため、必ず体外から摂取しなければならない有機物と定義されています。

ビタミンの種類

ビタミンは化学的な正確から、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに大別されます。
水にとけない脂溶性ビタミンは、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの4種類、水に溶ける水溶性ビタミンは、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビタミン12、ビオチン、パントテン酸、ビタミンCの9種類、合計13種類あります。

ビタミンの役割

ビタミンは身体の機能を正常に保つために欠くことのできないものです。
ビタミンは身体の構成成分でもありませんし、エネルギー源にもなりませんが体内の代謝に関与する酵素の働きを助ける補酵素であり、体に必要なエネルギー源を効率的に使い、体の機能を維持することに大きく関わっている栄養素です。
脂溶性ビタミンは主に生理機能を正常に維持するためにはたらき、水溶性ビタミンは体内で補酵素として主に糖代謝、タンパク質代謝、脂質代謝に欠かせないはたらきをします。

ビタミンの特徴

ビタミンは、微量栄養素といわれ、微量で十分なはたらきをするという特徴があるのですが、体の中で合成することができないため、食べ物やサプリメントなどから摂取する必要があります。

ビタミンの過剰摂取と欠乏

一日に必要なそれぞれのビタミンの量は、ごく微量で良いので普通に食事をしていればビタミン欠乏症になることはまずありません。

ビタミンの欠乏症

不規則な食生活、加工食品やファーストフードなどでの偏った食事、ダイエットなどでビタミンが不足するがあり、このような食生活が続くと慢性的なビタミン不足状態となり、ビタミン欠乏症が起こります。脂溶性ビタミンの欠乏症には、ビタミンA欠乏症の夜盲症、ビタミンD欠乏症のくる病などがあります。水溶性ビタミンの欠乏症には、ビタミンB1欠乏症の脚気、ビタミンB12欠乏症の悪性貧血などがあります。

ビタミンの過剰症

普通の食生活であればビタミンの過剰摂取は起こりませんが、特定の食品ばかり摂取し続けたり、ビタミン剤やサプリメントの過剰摂取によっ て過剰症が起こることがあります。
脂溶性ビタミンのビタミンA、ビタミンD、ビタミンKなどは大量に摂取すると肝臓やからだの脂肪組織に蓄積されるので過剰症を起こすことがあるため注意が必要です。ただし、脂溶性ビタミンのうちビタミンEは過剰症の可能性は低いとされています。
水溶性ビタミンであるビタミンB群やビタミンCなどは尿中に排泄されるため過剰症の心配はあまりないと考えれていましたが、最近では、サプリメントなどのビタミン強化食品やビタミン製剤からの多量摂取も無視できないことから食事摂取基準においては、水溶性ビタミンを含む多くのビタミンの耐容上限が決めれてます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク