不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

冷え性を改善しましょう:卵巣・卵子の老化を防ぐ生活習慣

女性の多くが「冷え」を訴え、「冷え性」で悩んでいます。
「冷え」は妊娠を希望する女性にとって大敵です。
女性の冷えに関してさまざまな調査が行われ、平成22年国民生活基礎調査において、女性の39.3%が「手足の冷え」訴えており、他の調査において「女性の7割が冷えで悩んでいる」、「女性の2人に1人が冷え性である」という報告があります。
「冷え症」の医学的な定義はありませんが、一般的には血液循環がスムーズにおこなわれないことでからだの一部分に不快な冷えを感じることをいいます。
ひえしょうには「冷え性」と「冷え症」がありますが、「冷え性」と「冷え症」の違いは明確ではありません。
「冷え症」の定義は様々ですが、「中村幸代:冷え症の概念分析」では「中枢温と末梢温の温度較差がみられ、暖かい環境下でも末梢体温の回復が遅い病態であり、多くの場合、冷えの自覚を有している状態」と定めています。
冷え性は、体が冷えやすい「体質」のことを総称して「冷え性」といいます。

低体温とは

「低体温」の医学的な定義はなく、一般的に体温が36℃未満の体温をいいます。
また、「低体温症」とは、深部体温(直腸温,膀胱温,食道温,肺動脈温など)が35℃以下に低下した状態をさすと日本救急医学会でいっています。

ヒトの体温調節

ヒトの体の中で体温を一定に維持するように働いているのは視床下部にある体温調節中枢です。
体温は、体が産生する熱と体から奪われる熱の平衡で決まり、体温が一定に保たれているということは、熱の産生と放出が一致していることを意味します。
外気温が高いときは血管を広げて血流量を増加させたり、発汗量を増やして放熱し、外気温が低いときは体表の血管を収縮させて放熱を防いだり、筋肉を活動させて体温を上げたりして体温調節をおこなっています。

冷え性の原因

ヒトは気温が変化しても一定の体温に保つために、表面の血管を収縮・拡張させ血液の流れる量を変化させたり、発汗量を調節しています。これらの調節をおこなっているのが自律神経で、この自律神経が乱れ、体温調節がうまくできないと冷え性がおこります。
この温調節機能がうまく機能しない、主な原因として、次のようなことが考えられています。

自律神経のバランスが崩れ

ヒトは表面の血管を収縮と拡張、血流の調整、発汗などにより体温調節をおこなっています。
この血管の収縮と拡張を調節しているのが自律神経で、この自律神経が何らかの原因で乱れたことによって冷え性がおこります。
自律神経のバランスが崩れる原因としては、無理なダイエット、ストレス、不規則な生活、偏った食事、運動不足、喫煙、不適な住環境などがあります。

過度なダイエット

最近、若い女性の痩せすぎが問題になっています。過度なダイエットで食事を抜いたりするとエネルギー量が不足し、筋肉も落ち、熱の生産が低下します。さらに、冷え性で基礎代謝が落ちると体重が落ちにくくなります。

筋肉量が少ない

女性はもともと筋肉が少ないため、筋肉運動による熱生産が少ないことが女性に冷え性が多い原因の一つと考えられています。また、女性だけではなく、運動不足の人も総じて筋肉量が少ないため、冷えやすくなります。

女性ホルモンの乱れ

女性のホルモンバランスはとてもデリケートで、生活環境の変化、ストレスなどにより女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと体温調節を担っている自律神経のバランスが乱れてしまい冷え性になってしまいます。

貧血

日本人女性の10%が貧血、20~40%が貧血予備群との報告があります。
貧血とは血液中のヘモグロビンが減少した状態のことをいい、ヘモグロビン値が12mg/dlを下回ると貧血と診断されます。
貧血になると代謝が低下し冷え性となります。

ファッションによる影響

キャミソールやお腹を出す肌の露出の多いファッションなどが冷え性の原因となることがあります。
また、スキニージーンズなど下半身を締めつけたりすると血行が滞り、「寒い」と感じる皮膚感覚が麻痺することがあり、体温調節の指令が伝わりにくくなり、からだが冷えてしまうことがあります。

原因となる病気がある

低血圧や貧血、膠原病や甲状腺機能低下症どの病気が原因で冷え症(冷え性)がおこることがあります。レイノー病、バージャー病、全身性エリテマトーデス(SLE)なども、手足の冷えに似た症状があらわれます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク