不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

健康食品とさまざまな法律:卵巣・卵子の老化を防ぐサプリ

健康食品は、薬事法、健康増進法、食品衛生法、JAS法、特定商品法、景品表示法などさまざまな法律により規制されています。

健康食品のくくり

健康食品はあくまで食品のくくりになります。

健康食品と薬事法

『薬事法は、医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品及び医療機器の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。』
薬事法で規制される商品は、医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の4種であるため、健康食品は直接薬事法で制限を受けるものではありません。そのため、薬事法の世界に入り込むことをすると薬事法違反となります。

健康食品と健康増進法

健康増進法の目的は『国民の健康の増進の総合的な推進に関し基本的な事項を定めるとともに、国民の健康の増進を図るための措置を講じ、国民保健の向上を図る。』
【第三十一条】
販売に供する食品につき、栄養表示をしようとする者及び本邦において販売に供する食品であって栄養表示がされたものを輸入する者は、厚生労働大臣の定める栄養表示基準に従い、必要な表示をしなければならない。ただし、販売に供する食品の容器包装及びこれに添付する文書以外の物に栄養表示をする場合その他政令で定める場合は、この限りでない。
【第二十六条】
何人も、食品として販売に供する物に関して広告その他の表示をするときは、健康の保持増進の効果その他厚生労働省令で定める事項(以下「健康保持増進効果等」という。)について、著しく事実に相違する表示をし、又は著しく人を誤認させるような表示をしてはならない。

健康食品と食品衛生法

食品衛生法の目的は、『食品の安全性の確保のために公衆衛生の見地から必要な規制その他の措置を講ずることにより、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もつて国民の健康の保護を図る。』
健康食品は法律では食品に分類されていますので、食品衛生法に則った規格・表示を行わなければなりません。
食品衛生法で表示を求めている主な事項は名称、アレルギー物質・遺伝子組換え食品、添加物、期限表示、保存方法・取扱方法、製造所所在地・氏名などです。

健康食品とJAS法

JAS法とは、正式には「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」といい、飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格制度(任意の制度)」と、原材料、原産地など品質に関する一定の表示を義務付ける「品質表示基準制度」からなっています。

健康食品と特定商取引法(特定商取引に関する法律)

特定商取引法(特定商取引に関する法律)とは、訪問販売や通信販売等、以下に挙げる消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルールを定めています。これにより、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守るための法律です。

健康食品と景品表示法

景品表示法とは、「不当景品類及び不当表示防止法」のことをいい、商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある行為の制限及び禁止について定めることにより、一般消費者の利益を保護することを目的としています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク