不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

健康食品とは:卵巣・卵子の老化を防ぐサプリ

厚生労働省によると、健康食品と呼ばれるものについては、一般的に、健康の保持増進に役立つ食品として販売・利用されている食品全般が「健康食品」と呼ばれていますが、健康増進法に定めている「保健機能食品」を除いて、法律上の明確な定義はありません。
*保健機能食品の制度は、平成21年9月から消費者庁が所管しています。
日本においては、口にするものが医薬品と食品に分けれ、医薬品は薬事法で規定され、食品に関しては食品衛生法により規定されています。
健康食品は大きく分けて「保健機能食品」・「特別用途食品」・「健康食品」の3つに分類されています。因みに「保健機能食品」には特定保健用食品と栄養機能食品が含まれます。
①国が機能表示を認めているもの
「保健機能食品」=「特定保健用食品(トクホ)」+「栄養機能食品」
・特定保健用食品:その有効性・安全性がヒトで検証され、それを国が審査・許可したもの。
・栄養機能食品:サプリメントと呼ばれる製品の中で、ビタミンやミネラルを国が定めた基準の量、含んでいるもの。
②機能表示が認められていないもの
「いわゆる健康食品」=この中から、違法製品として、無承認無許可医薬品が出現。これは食品に違法に医薬品成分を添加したもの、または医薬品のような効能効果を表示したもの。

特定保健用食品

特定保健用食品とは、体調調節機能を有する成分を含み、食生活において特定の保健の目的で摂取をするものに対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品。

特別用途食品

特別用途食品には、病者用食品、妊産婦・授乳婦用粉乳、乳児用調製粉乳及びえん下困難者用食品がある。病者などの発育、健康の保持・回復に適するという特別の用途を表示して販売される食品。

栄養機能食品

・栄養機能食品とは、食生活において特定の栄養成分の補給を目的として摂取する者に対し、当該栄養成分の機能の表示をするもの。
・栄養機能食品として販売するためには、一日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にある必要がある。
・個別の許可申請を行う必要がない自己認証制度となっている。
栄養機能を表示するための基準が定められている栄養成分は、現在のところ17種類(ビタミン12種類、ミネラル5種類)です。
ビタミン:ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸
ミネラル:亜鉛、カルシウム、鉄、銅、マグネシウム

スポンサードリンク
スポンサードリンク