不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

膣とは:妊娠の基礎知識

膣は、子宮と外性器を連結する筋性の管状器官で、子宮からの月経や粘液の排泄、分娩においては産道を形成します。

膣の位置と形状

膣は、膣前庭と子宮との間に位置する管で6~10cmの長さがあります。
膣は、通常では前後壁が接触し、横断面はH型になっています。
膣の前方には膀胱、
上部は子宮頚部の膣部を囲み、下部は膣口となって膣前庭に開口しています。

膣の構造

膣は、粘膜、筋層、外膜の3層構造をとり、粘膜は重層扁平上皮で覆われており、分娩にも耐えうるように丈夫にできています。
膣周囲は恥骨膣筋、外尿道括約筋、尿道括約筋、球海綿体筋が取り囲み、括約筋として作用します。
膣は外界と通じているため、膣には自浄作用があり、膣内環境はpH3.8~4.6の酸性に保たれています。

膣内環境

膣は、粘膜、筋層、外膜の3層構造をとり、粘膜は重層扁平上皮で覆われており、分娩にも耐えうるように丈夫にできています。
膣は外界と通じているため、膣には自浄作用があり、膣内環境はpH3.8~4.6の酸性に保たれています。
膣内には常在性乳酸菌(デーデルライン桿菌)が存在し、剥離した上皮に含まれるグリコーゲンを分解して乳酸をつくるため、膣分泌物は通常酸性(pH4~5)となっており、他の雑菌が増えにくい環境を維持しています。この常在菌が他の種類の細菌や他の病原微生物に対して有効な防御線となっています。
詳しく説明すると、まずエストロゲンの作用によって、膣粘膜を構成する扁平上皮細胞は豊富なグリコーゲンを蓄えています。そして、扁平上皮細胞は剥離と再生を繰り返し、剥離時には大量のグリコーゲンが膣内に放出されます。その一方で、膣内にはグラム陽性のデーデルライン桿菌(膣内乳酸菌)が控えています。このデーデルライン桿菌はグリコーゲンを分解する過程で過酸化水素を放出するので、膣内は酸性環境となります。