不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

卵巣とは :妊娠の基礎知識

卵巣は、卵子の生成、成熟、排卵をおこなう生殖器官であるとともに、ホルモンを分泌する内分泌器官でもあります。

卵巣の位置と形状

卵巣は母指頭大、楕円球状形(アーモンド状)の器官で、長さ2.5~4.0㎝、幅1.0~2.0㎝、重さ4~10gほどの大きさです。
卵巣は、骨盤の側壁の近く、子宮広間膜の後にあり、内方は卵巣固有靭帯によって子宮に、外方は卵巣堤索によって骨盤壁に支持されています。

卵巣の構造

卵巣の大部分は腹膜に覆われていません。これは腹膜に覆われていると、排卵後の卵細胞が卵管采にキャッチされる前に腹膜に遮られてしまうからです。
腹膜に覆われていない卵巣は、一層の円柱上皮細胞から構成されている表層上皮で包まれおり、その下は卵巣白膜、皮質となります。
卵巣は、皮質と髄質からなり、皮質には卵母細胞を入れた原始卵胞があります。
卵細胞は原始卵胞からなり、発育細胞を経て成熟細胞(グラーフ卵胞)に至り、成熟細胞にうち1つだけが排卵されて、残りは閉鎖卵胞になります。また、排卵後には黄体が形成され、妊娠しない場合には退行して白体となります。
このように、卵巣の皮質に散在する卵細胞は原始卵胞から白体までのさまざまな過程にあり、大小さまざまです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク