不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

卵管とは :妊娠の基礎知識

卵管は、受精、卵割などの生殖現象の場、精子は子宮腔を通って卵管に至り、排卵直後の卵子と膨大部付近で出合い受精します。
一方、卵管は子宮腔を通じて外界と交通しているため、感染症などによって容易に炎症を引き起こし、機能障害を起こすことがあります。

卵管の位置と形状

卵管は、子宮底の両端から側後方に向かって伸びる湾曲した細い管で左右一対あります。
卵管の長さは8~12㎝の管状の器官です。
卵管の一方は子宮腔に開き、もう片方は腹腔に直接開口しています。
卵管は子宮腔に近い方から卵管間質部、卵管峡部、卵管膨大部、漏斗部に区分され、漏斗部の先のラッパのように開いた卵管采があります。
卵管間質部は子宮壁を通過する部分で、長さ1㎝程度です。
卵管峡部は2~3㎝で最も内腔が狭い部分です。
卵管膨大部は、5~8㎝と最も長い部分で、内腔は漏斗部に向かって内腔が広くなり、内腔径は6~7㎜で、精子と卵子がであうことが多い場所で受精します。
漏斗部の先端は卵管采といい、腹腔に開く部分でイソギンチャクの触手のような形をしており、卵子を卵管の中に吸い込み、絨毛運動と卵管の蠕動運動によって卵子や受精卵を子宮へ送ります。

卵管の構造

卵管壁は、内膜(粘膜)、筋層、外膜の3層からなり、子宮内膜は単層円柱上皮からなりますが、ここには線毛細胞と粘液分泌細胞からなります。
卵管腔は線毛をもち、これによって卵子を卵巣から子宮へ輸送し、3層の筋層も収縮によって蠕動運動を行い、卵子の輸送を助けています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク