不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

頚管粘液とは:妊娠の基礎知識

子宮頚部は、子宮の下部1/3の部分をいい、子宮頚部の内腔を子宮頚管といいます。
子宮頚管は、その下端は外子宮口といい、膣に開口しています。
子宮頚管には頚管腺が数多く開口しており、頚管粘膜が分泌され、月経周期に伴ってその性状が変化し、排卵期には頚管粘液量が増え、かつ弱アルカリ性を呈し精子の貫通を助けるといわれています。

頚管粘液の周期的変化

頚管粘液は、頚管内膜上皮細胞から分泌され、卵胞ホルモンに反応して周期的に変化します。排卵直前のエストロゲン分泌量が最も多い時期に頚管粘液のエストロゲンによる変化は最も顕著となります。

卵胞期

卵胞期は、エストロゲンが増加し、エストロゲンの変化を受けて、頚管粘液の粘稠度は低下し、牽糸性は増し約10㎝以上伸びるようになります。
卵胞期の頚管粘液は、無色透明で、量が多く(0.3ml以上)、シダ状結晶がみられます。

排卵期

排卵期の前にはエストロゲンはピークとなり、頚管粘液は増加し、膣内に射精された精子の通り道として、妊娠の成立に重要なはたらきをしています。
精子は、この頚管粘液を通過している中に受精能を獲得するといわれています。

黄体期

黄体期は、プロゲステロンの分泌が増し、その変化を受けて、頚管粘液の変化がみられます。
黄体期の頚管粘液は、粘稠度は増し、牽糸性は低下し伸びなくなります。
黄体期の頚管粘液は、量が少なく、不透明となります。

シタ状結晶

排卵期の頚管粘液をスライドグラスに採取し、乾燥させて顕微鏡で見ると、樹枝状のシダ状結晶が観察されます。
プロゲステロンの作用により頚管粘液中のNaCl量が低下する黄体期にはシダ状結晶はみられません。
不妊治療では、このシダ状結晶の形成の程度は、超音波断層法による卵胞径計測とともに、排卵時期の推定に用いられます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク