不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

女性ホルモン:妊娠の基礎知識

女性ホルモンとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。そのほかに女性にとって重要なホルモンとして、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)や卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体形成ホルモン(LH)、子宮を収縮させるオキシトシン、乳汁分泌に関係するプロラクチンなど、妊娠や出産などに関係するホルモンもあります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンとは、女性ホルモンの一つで卵胞ホルモンとも呼ばれます。
主に、卵胞や黄体から分泌され、子宮の発育や子宮内膜の増殖、乳腺の発達など、女性らしい体つきを促進するホルモンです。
エストロゲンには、エストロン(E1)、エストラジオール(E2)、エストリオール(E3)が存在し、このうちエストラジオールが最も作用が強い。
エストロゲンは40代半ばごろから分泌量が減少し、うつやイライラ、不眠、倦怠感といった様々な更年期障害の原因と言われています。また、閉経後の女性に骨粗鬆症が多いのは、このエストロゲンの減少による骨の維持活性能力が急激に失われることに起因すると言われています。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロン(黄体ホルモン)とは、女性ホルモンのひとつで黄体ホルモンとも呼ばれます。
排卵後、卵胞から変化した黄体から分泌され、妊娠中期以降になると、胎盤からも分泌されるようになります。
生体内で黄体ホルモンとして働いている物質のほとんどがプロゲステロンです。
黄体ホルモンの主な働きは、女性の体、特に子宮を妊娠の準備をするように変化させ、子宮内膜や子宮筋の働きを調整し、受精卵が着床しやすい状態に整え、妊娠した後は、その妊娠を継続させる役割もあります。
体温上昇、血糖値の正常化、体脂肪を減少、利尿作用、他のホルモンのバランスの調整などにも関わっています。

性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)

性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)とは、視床下部で合成されるホルモンで、垂体からの黄体形成ホルモン(LH)とろ胞刺激ホルモン(FSH)の放出を促進するはたらきがあります。

卵胞刺激ホルモン(FSH)

卵胞刺激ホルモン(FSH)とは、下垂体前葉の性腺刺激ホルモン産生細胞で合成・分泌されるホルモンです。
卵巣内で卵胞刺激ホルモン(FSH)は未成熟の卵胞の成長を刺激し成熟させ、卵胞は成長するとインヒビンを分泌しFSH産生を遮断する。

オキシトシン

オキシトシンとは、脳下垂体後葉ホルモンの一つ。強い子宮収縮作用をもち,分娩時に大きな役割を果たし、分娩の時に子宮筋を収縮させ分娩を促したり、授乳時に乳汁を出しやすくするための分泌促進作用ホルモンとして知られています。

プロラクチン

プロラクチンとは、脳の下垂体から分泌されるホルモンのことで、妊娠中は乳腺を発育させ、出産後は乳汁の分泌を促します。
出産後は、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が急激に低下してプロラクチン(PRL)の分泌が増加します。また、赤ちゃんがお乳を吸う乳頭刺激が、さらにプロラクチンの分泌を促すことで、乳汁がスムーズに分泌されます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク