不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

外陰とは:妊娠の基礎知識

外から見える性器を外性器とといい、臨床上は外陰とよばれます。

外陰の構造

生殖をつかさどる器官を生殖器といいます。
女性の生殖器系は、体内にある内性器と体外にある外性器から構成されています。
すなわち、外から見える性器を外性器とといい、臨床上は外陰とよばれます。
女性の外陰は、恥丘、大陰唇、小陰唇、バルトリン腺、腟前庭、会陰からなります。また、膣前庭には陰核、外尿道口、膣口、処女膜があります。
外陰は、会陰部で外から見える場所の総称で以下の部分を含みます。
・恥丘…恥骨の前面および上面にある丘状に盛り上がった部分で、思春期になると皮下脂肪が増え、陰毛が発達します。
・大陰唇…恥丘から会陰に至る2列の皮膚の膨隆した部分で脂肪と腺組織に富み、静脈叢が発達しています。外側は色素沈着を示し、陰毛の発達が見られますが内側には毛嚢はなく、皮脂腺・汗腺に富んでいます。
・小陰唇…大陰唇の内側の粘膜様、弁状のやや赤色の薄い皮膚のひだで、脂肪は少なく、結合組織や弾性繊維に富み、陰毛はなく、大きさは個人差がみられます。前方では陰核を覆い、尿道口と膣口をおおっています。
・陰核…恥骨のすぐ下にある小さな器官で、男性の陰茎海綿体に相当し、知覚神経が豊富なためとても敏感で、で性的興奮を受けると大きく膨張します。
・膣前庭…左右を小陰唇に囲まれ、膣口の外縁にあたる部分で、前方ではここに外尿道口が開口します。
・膣口…膣の入口部で処女膜と呼ばれる薄い膜状の組織で半ば閉ざされていて、初回性交時に容易に破れ、瘢痕状の処女膜痕となります。分娩時には産道の最後の出口となります。
・会陰…膣前庭下部と肛門の間にあたる部分で、筋肉と繊維組織からなります。
分娩のさいには大きくのびますが、初産婦などのびにくいと裂傷をきたす場所であるため、この部分に胎児娩出直前に切開を加えることが多くなります。
・スキーン腺…尿道傍管とも呼ばれ、男性の前立腺に相当しますが、ほとんど腺としての性質は持っていません。尿道の両側に位置し、尿道や膣前庭に開口します。
・バルトリン腺…バルトリン腺は膣口よりみて、4時と8時に方向に開口する腺で、男性のカウバー腺に相当します。しばしば、閉塞、感染を起こして腫脹することがあります。