不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

過少月経:妊娠の基礎知識

月経は正常で3~7日間持続し、20~140mlの出血があります。
しかし、月経血量(経血量)は他の人と比べることができないため、自分の月経血量が多いのか少ないかの判断は難しいものです。
月経血量の異常には、月経血量が多い過多月経と少ない過少月経があります。
過少月経とは、月経の出血量が異常に少ないものをいい、普通20~30ml以下の月経血量のものをいいます。

過少月経の原因

過少月経が起こる原因としては、若い女性の場合は、無排卵によることがあります。
成熟した女性の場合には、ストレスやダイエットなどによってホルモンバランスが乱れ、無排卵性の過少月経がおこっていることがあります。

過少月経の症状

過少月経の症状としては、ナプキンをほとんどかえる必要がない程度の月経血しかみられません。

過少月経の検査・診断

過少月経の診断には、問診、基礎体温の測定や血液検査などがおこなわれます。

過少月経の治療

過少月経の治療において、10歳代の女性の場合、他に原因となる疾患がない場合は経過をみます。
成熟した女性の場合で無排卵の場合はホルモン療法がおこなわれます。

過少月経方へのアドバイス

・基礎体温をつけ排卵の有無を確認し、排卵がおこっていない可能性があれば基礎体温を持参し受診しましょう。
・無排卵を放置しておくと不妊になることがありますので注意しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク