不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

稀発月経とは:妊娠の基礎知識

月経の第1日目から次の月経の前日までの周期を月経周期といい、正常な月経周期は25~38日です。
一般的にいわれる月経不順のうち月経周期の異常には、月経周期が延長した稀発月経と月経周期が短くなり頻繁に月経が訪れるものを頻発月経があります。
稀発月経とは月経周期が39日以上と長い周期で月経が繰り返される場合をいいます。(月経が3ヵ月異常ない場合は無月経といいます。)
稀発月経は、排卵がおこっている排卵性稀発月経と排卵がおこっていない無排卵性稀発月経があります。排卵性稀発月経であっても放置したままでいると無排卵となることがあります。

稀発月経の原因

稀発月経の原因には、思春期、多のう胞性卵巣、高プロラクチン血症、脳下垂体や視床下部等の機能異常、黄体機能不全、甲状腺疾患、糖尿病、急激な体重変動、激しいスポーツ、ストレス、精神疾患、肥満などがあります。

稀発月経の方へ

月経周期が長めでも、毎回きちんと排卵がおこっていれば特に問題はないのですが、月経周期が60日を越えるものにおいては、続発性無月経になる可能性がありますので注意が必要です。
無排卵が長い間続くと不妊の原因にもなりますので早めに受診する必要があります。
基礎体温をつけ、排卵の有無を確認し、排卵がおこっていない可能性があれば早めに受診しましょう。
基礎体温の判読は難しいものですから、月経周期が長いだけだと安易に考えず、基礎体温を持参し受診することをお勧めします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク