不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

下腹部痛とは:妊娠の基礎知識

腹部は、胸から下で骨盤にいたるまでの間の部分で身体の胴体の下半分のことをいい、上腹部、中腹部、下腹部からなります。腹部は腹部は、胸腔と骨盤腔の間にあり、内部には消化管や生殖器などの内臓のほとんどが収まっています。
腹痛は、お腹全般の痛みのことをいい、産婦人科だけでなく臨床で最も頻度の高い症状の1つで、その程度も軽症から緊急を要するものまでさまざまです。さらに腹痛を症状とする疾患が多岐にわたるため鑑別が必要でであり、かつ鑑別が難しい症状の1つです。
下腹部には、大腸や小腸、膀胱、尿管、子宮、卵管、卵巣、腹膜などがありますが、痛みが必ずしもその臓器の位置したところに一致してあらわれるとはかぎりません。

腹痛の発生メカニズムによる分類

腹痛はその発生メカニズムから内臓痛、体性痛、関連痛に分類されます。

内臓痛

内臓痛は、胃や腸などの消化管などが拡張、伸展、筋肉の痙攣、炎症などが起こるとその刺激により痛みがおこります。
内臓痛の痛みは、差し込むような痛み、鈍い痛みなどが周期的に起こり、吐き気、おう吐、発汗、冷汗、顔面蒼白、血圧低下などの症状が多くみられます。
痛みは体位を変えたり、体を動かしたりすることで軽減することがあり、また、お腹をさすることで緩和することもあります。

体性痛

体性通は、内臓を取り囲んでいる腸間膜や壁側腹膜、後腹膜、横隔膜など分布している知覚神経が刺激を受けて痛みとして感じる腹痛をいいます。とくに壁側腹膜は皮膚よりも痛みに対して敏感だといわれています。
体性痛の痛みは、限局性で刺すような痛みで痛みが長時間持続し、炎症性の体性痛は体動や咳などで強く感じられます。

関連痛

関連痛とは、内臓痛が痛みが脊髄を伝わるときに、皮膚の神経線維を刺激し、体表面に痛みが波及し、皮膚に痛みが感じます。
また、関連痛のうち腹部外に感じられるものを放散痛といい、関連痛はそれぞれの臓器によってその発生部位はほぼ決まっているため、診断上の有力な手がかりとなります。例えば、胃の病気で背部痛を訴えます。
その他に、消化器疾患では、体の一部分を圧迫した場合に痛みを認めることがあり、これを圧痛点といいます。

下腹部痛の時期による分類

腹痛は、発症の時期により急に起こってきた急性の腹痛と持続している慢性の腹痛に分けられます。

急性の下腹部痛

急激に起こる腹痛を急性痛といい、一般的に激しい持続痛を訴えることが多く、緊急手術を必要とすることも少なくありません。
急性の下腹部痛の代表的な疾患には骨盤腹膜炎、卵巣嚢腫茎捻などがあります。

慢性の下腹部痛

慢性下腹部痛は6カ月以上続く下腹部ないし骨盤部の痛みをいい、その原因は不明なことが多く精神的因子の関与も指摘されています。
慢性下腹部痛の代表的な疾患には子宮内膜症や子宮腺筋症などがあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク