不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

月経前症候群(PMS)の検査・診断:妊娠の基礎知識

月経前症候群(PMS:Premenstrual Syndrome)とは月経前3~10日の黄体期の間に続く精神的あるいは身体的症状で月経開始とともに減退もしくは消失するものをいいます。
月経前緊張症の診断は、問診により、症状と月経周期の関係により診断できますが、確定診断のためには基礎体温をつけ、排卵がおこっているかどうかを確認することが必要となります。
精神疾患や他の婦人科疾患と月経前緊張症との鑑別診断が必要となります。

月経前症候群(PMS)の診断基準

標準化された月経前症候群(PMS)の診断基準はまだありませんがアメリカの産婦人科学会の診断基準は、月経前の5日間に抑うつ、怒りの爆発、いら立ち、不安、混乱、引きこもり、乳房の圧痛、腹部膨満感、頭痛、手足のむくみの症状のうち少なくとも一つが出現するが、これらの症状は月経開始4日以内に軽くなってくる。他に明らかな原因がなく、社会的にはっきりとした障害が認められる。

月経前症候群(PMS)の治療

月経前症候群(PMS)の根本的な治療方法はなく、それぞれの症状に対する治療がおこなわれます。
●適度な運動、水分・塩分の制限などの生活習慣の改善。
●低用量経口避妊薬(ピル)のの投与
●鎮痛剤投与・精神安定剤投与・整腸剤投与・利用剤投与などそれぞれの症状を緩和する薬剤の投与
●漢方療法

月経前症候群(PMS)の対策

●ストレスを解消してリラックスする時間を作る。
●十分な栄養を摂り、ぐっすり眠る。過度なダイエットは止める。
●体を冷やさない、半身浴で体を温める。
●カフェインや塩分、刺激物を控える。
●自分の月経周期を把握し、自分の身体を知るために基礎体温をつけましょう。
●症状が重く、生活に影響するようであれば産婦人科を受診し相談しましょう。
●市販の鎮痛剤などの薬を上手に使いましょう。
●月経前緊張症を理解し、その時には上手に気分転換をはかったり、ゆっくりと過ごすようにしましょう。
●カルシウムやその他のミネラルが不足するとイライラしやすくなりますから日ごろから摂るようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク