不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

月経前症候群(PMS)とは:妊娠の基礎知識

月経前症候群(PMS:Premenstrual Syndrome)とは月経前3~10日の黄体期の間に続く精神的あるいは身体的症状で月経開始とともに減退もしくは消失するものをいいます。
症状の主体が精神的緊張であるため月経前緊張症(PMT)と呼ばれていましたが身体症状が少なくないことから最近では月経前症候群(PMS)とよばれることが多い。また、精神科領域では、月経前不快気分障害(PMDD)という用語が用いらます。
女性の50~80%に何らかの月経前症候群の経験があり、多くの場合毎回月経の前になると同じような不快な症状があるといわれています。

月経前症候群(PMS)の原因

月経前症候群(PMS)の発生には多岐にわたる要因が相互に密接に関与し複雑で、まだはっきりとした解明はなされていませんが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランス異常、セロトニン分泌異常など神経伝達物質の代謝異常や活性物質の異常、ビタミンB6低下、精神的葛藤、社会的不安などが考えられています。最近では、黄体後期における卵胞ホルモンと黄体ホルモンの急激な低下が、脳内のホルモンや活性物質の異常を引き起こしていると考えられています。しかし、月経前症候群は一つの原因からではなく多くの要因から起こるといわれています。

月経前症候群(PMS)の症状

月経前症候群(PMS)の症状の度合いも個人差が激しく、症状が現れても、それほど気にならない程度の人もいれば、 逆に日常生活でさえも困難になってしまう人もいます月経前緊張症の症状は身体的症状だけでなく精神的症状も多くみられます。

精神的症状

イライラする、怒りっぽくなる、攻撃的になる、やる気がなく無気力になる、憂鬱傾向になる、気分が沈みがちになる、不安や心配を感じる、感情の起伏が激しく涙もろくなる、集中力が低下し仕事や勉強の効率が低下する、性欲が亢進する又は減退するなど。

乳房症状

乳房の張った感じ、乳房痛、乳房のしこりなど。

消化器症状

吐き気、おう吐、食欲不振、食欲亢進、下腹部痛、下腹部の張った感じ、便秘、下痢など。

その他の症状

腰痛、頭痛、動悸、めまい、肩こり、耳鳴り、手足のむくみ、肌荒れ、にきびや吹き出物、眠気、倦怠感など。

よくみられる行動

掃除や片付けが嫌になる、部屋の整理や掃除が無性にやりたくなる、家事や仕事・勉強などやる気がおこらずだらだら過ごす、衝動買いをしたくなる、些細なことで他人と口論になる、外出が億劫になる、甘いものを無性に食べたくるなど。

スポンサードリンク
スポンサードリンク