不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

習慣流産とは:不育症の基礎知識

習慣流産とは、妊娠22週未満の流産を3回以上繰り返した場合をいい、流産が2回以上連続するものを反復流産といいます。
自然流産(流産のなかから人工流産を除いたもの)は、1回の妊娠あたり、約15%と一定の頻度で起こるものであり、妊娠したことおある女性の38%が経験しているといわれています。
自然流産1回の頻度を15%とすると、0.34%の程度の頻度で3回連続の流産を偶然経験する女性がいることになります。しかし、実際には理論上の頻度よりも高い0.88%の女性が3回連続する流産を経験しているとされます。
このことから、連続する流産を経験する女性(夫婦)の中には、偶然ではなく何らかの原因があって流産を連続している人がいると考えられ、反復流産、習慣流産あるいは不育症といった疾患として考えることが必要となります。
習慣流産の原因としては、遺伝学的異常、解剖学的異常、内分泌異常(糖尿病、甲状腺疾患など)、自己免疫異常、感染症、同種免疫異常などがあります。

流産とは

流産とは、妊娠22週未満(妊娠21週6日まで)の期間に妊娠が終了したものをいい、全妊娠の8~15%を占めるとされ、母体の加齢とともに流産率は上昇します。
流産は全妊娠の10~200%に起こるとされています。
厚生労働科学研究班によれば、妊娠歴のある 35~79 歳の女性のうち、3 回以上の流産は 0.9%、2 回以上の流産は 4.2%で、38%が 1 回以上の流産を経験していることが明らかになっています。
さまざまな病的原因のために流産した場合を自然流産、人工的に妊娠を終了させた場合を人工流産といいます。
流産の原因には、胎児側と母体側ともにさまざまですが、半数以上は胎児側因子と考えられています。
胎児(妊卵)因子…染色体異常、遺伝子病、先天的形態異常、胎児付属物(胎盤、臍帯)の異常
母体側因子…子宮の異常、感染症、内分泌異常、自己免疫疾患、染色体異常

自然流産

自然流産は全妊娠の10~15%に起こりますが、最も頻度が高い原因は胎児染色体異常であるといわれています。自然流産の約50~70%に染色体異常が認められ、多くの異常は配偶子が形成される過程、あるいは受精時に偶発的におこることがわかっています。この偶発的に発生する染色体異常はどの妊娠においても発生する可能性がありますが、予防あるいは治療することはむずかしいとされています。
配偶子、受精卵の染色体異常率は、卵子の異常率が25%、精子の異常率が15 %、受精の異常率が8%、受精卵の染色体異常率が45%(新女性医学大系より)

スポンサードリンク
スポンサードリンク