不妊症・不育症のための妊娠しやすいからだづくり

スポンサードリンク

感染症による不育症・MENU

不育症と感染症に関するはっきりとした因果関係はみとめられていませんが、絨毛羊膜炎の起炎菌となる細菌やクラミジア・トラコマティス(Ct)に関して膣分泌物検査やクラミジア抗体検査、血中クラミジア抗体検査などが行われます。

クラミジア感染症とは

性器クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマティスによって発症する性感染症(STD)のことをいいます。
性感染症(STD)の中でもっとも感染する頻度が高く、患者の約70%は10歳代~20歳代の男女で、女性が男性の2.3倍と高い割合を占めます。
潜伏期間は1~3週間で、女性の場合は無症状のことが多いため悪化したり、感染を広めたりすることになります。
感染場所は主に子宮の入り口の子宮頚管部で子宮頚管炎をおこします。
さらに、感染が広がり、卵管や卵巣に至ると子宮付属器炎、骨盤腹膜炎などを発症します。
妊婦が感染し治療がなされないまま分娩に至ると、赤ちゃんが産道感染し、新生児結膜炎を発症します。

…「クラミジア感染症」の続きを読む

スポンサードリンク
スポンサードリンク